買取作家

金農

きんのう

金農(金冬心、きんのう、きんとうしん、1687-1763)は浙江省杭州出身の書家、画家、文人。

揚州八怪の代表的存在である。初名は司農、字は寿門(じゅもん)。よく知られるのは金冬心の名。別号に曲江、昔耶。

故郷杭州の文人の間で育って詩名を揚げ、古美術の鑑識眼にもすぐれた。 30歳過ぎから詩書をもって各地を遍歴、晩年 60歳頃から揚州に寓居し、揚州八怪の代表的存在となる。

本格的に画筆をとったのは60歳前後からで、南宗画の形式主義から脱した個性的画風による竹、梅、馬などを得意とし、晩年は仏画も描いた。

書は収集した金石拓本をもとに独自の書風を確立。

八分書にちなみ,みずから「七分半書」と称し,個性的な書風を得意とした。

一生官に就かず、各地を旅し、書画を売って生活した。

隷書を得意とし、三国時代、呉の「禅国山碑」などを学んで、漢時代の隷書とは趣を異にした独特の書風に行き着いた。

詩文、画にも優れ、拓本の収蔵も豊富であった。

金農の代表的な作品

  • 「墨梅図」
  • 「金冬心集」
  • 「画梅題記」

金農の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では金農の作品を高価買取しております。
もし金農の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop