買取作家

仇英

きゅうえい

仇英

仇英(きゅうえい、1509~1551)は明代後期の画家。字は実父、実夫。号は十洲。太倉(現在の江蘇省蘇州)出身。

浙派(せっぱ)と呉派(ごは)の勢力交代期にあって、伝統的画風を研究して独自の絵画世界をつくりだした院派の三大家(他は唐寅(とういん)、周臣(しゅうしん))の一人。

江蘇(こうそ)省太倉の下層階級の出身で、呉県(蘇州)に移住した。

周臣の弟子となり、古画を研究してその臨模(りんも)などによって獲得した卓抜なる職人的技巧を振るって、人物、鳥獣、山林、楼閣、車馬など多くの画題を描いたが、とくに風俗的な人物、仕女図に名声がある。

宋(そう)の李公麟(りこうりん)以来の線描様式を集成した画風で、鮮麗な濃彩と写実的で細密な描写に特色がある。

文徴明をはじめ当時の文人たちとも交わり、画(え)も彼らに評価され、またその美人風俗画は風俗人物画の範として影響は清(しん)代にも及んだ。

偽物を含め多くの作品が伝わり、日本にあるものでは『桃李園・金谷園双幅』(知恩院)が有名である。

売画生活を送り、春画を数多く描いた画家としても知られる。唐寅、文徴明、沈周らと並び明四大画家の一人と持て囃されたが、現存する作品例は少ない。

仇英の代表的な作品

  • 「仇英筆桃李園図」

仇英の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では仇英の作品を高価買取しております。
もし仇英の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop