買取作家

佐藤朝山

さとう ちょうざん

佐藤 玄々(さとう げんげん、1888年8月18日 - 1963年9月14日)は、20世紀の日本で活躍した彫刻家。

福島県相馬郡中村町(現相馬市)出身、本名・清蔵。1888年宮彫り師の家に生まる。幼い頃から木彫の技術を学ぶ。1905年、17才で「われ世界第一の彫刻家たらんと祈りき」と上京。翌年山崎朝雲に師事、1913年に朝山の号を貰い独立。30才で結婚。大森にアトリエを構える。1914年日本美術院同人。院展に出品を続けた後、1922年官費留学により2年間フランスに渡り、アントワーヌ・ブールデルに師事する。

1935年帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員。1939年大日本護国会が紀元二千六百年記念行事の一環で計画した《和気清麻呂像》の制作では、朝山、北村西望、朝倉文夫の3人でコンペとなり、朝山の作品が選ばれた。しかしこの時、師・朝雲が「銅像のような大作は佐藤より朝倉さんや北村さんの方が良い」との言を聞いて朝山は憤慨し、朝山の号を返上し師弟の関係を絶った。これから1948年に玄々と号するまで、本名の清蔵で通した。1945年戦争によりアトリエが全焼する。1948年『老子』の一節「玄之又玄、衆妙之門」から玄々と名乗る。1949年、京都妙心寺塔頭、大心院に移住、アトリエとする。戦後は日本芸術院会員。

出典:Wikipedia

佐藤朝山の代表的な作品

  • 「和気清麻呂像」
  • 「天女像 まごころ」

佐藤朝山の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では佐藤朝山の作品を高価買取しております。
もし佐藤朝山の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop