買取作家

平櫛田中

ひらくし(ひらぐし) でんちゅう

平櫛田中

平櫛 田中(ひらくし でんちゅう、1872年2月23日(明治5年1月15日) - 1979年(昭和54年)12月30日)は、日本の彫刻家。本名は平櫛倬太郎(ひらくし たくたろう)。旧姓は、田中。

写実的な作風で、高村光雲、荻原碌山、朝倉文夫などと並び近代日本を代表する彫刻家の1人である。岡山県後月郡(現在の井原市)に生まれる。

1882年(明治15年)に広島県沼隈郡今津村(現在の福山市今津町)の平櫛家の養子になった。1893年(明治26年)に、大阪の人形師、中谷省古に弟子入りし、木彫の修行を行う。

1937年(昭和12年)、帝国芸術院会員となる。1944年(昭和19年)7月1日帝室技芸員。同年、東京美術学校(東京藝術大学)の教授に招聘され、第二次世界大戦後も教壇に立つ。

明治末期から大正初期にかけて、東京藝術大学の基礎となる東京美術学校を創立した岡倉天心に師事した。

東京藝大構内の六角堂に「岡倉天心像」が安置されており、天心を敬愛していたため、藝大勤務時代には登校のたびに、この自作の像に深く敬意を示していた。

1958年(昭和33年)生涯の大作「鏡獅子」を戦中のブランクを経て、20年をかけて完成させた作品であった。モデルの6代目尾上菊五郎はすでに亡くなっていた。

1962年(昭和37年)に、文化勲章受章し、1965年(昭和40年)、東京藝大名誉教授となった。1972年、平櫛の出身地である井原市が主催し平櫛田中賞を設けた。100歳を超えてもなお、死の直前まで創作を続けた。

没後、アトリエには、30年以上続けて制作できるだけの彫刻用の材木があったため、この材木を利用して、井原市の田中美術館に上野桜木町のアトリエが再現された。

平櫛は1979年(昭和54年)、東京都小平市の自宅で、108歳の長寿で大往生した。広辞苑に載っている実在の人物の中では、最も長命な人物でもある。

平櫛田中の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では平櫛田中の作品を高価買取しております。
もし平櫛田中の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop