買取作家

加藤顕清

かとう けんせい

加藤顕清(かとう けんせい 1894年(明治27年)‐1966年(昭和41年))は日本の彫金家。岐阜県出身。昭和時代に活躍。本名は鬼頭太。
一貫して造形、精神の両面にわたる人間性の追求に重点を置き、より良い表現方法を生み出す事に尽力。
独自の造形理論を確立した彫刻家のひとり。

1894年 岐阜県で生まれる。

1920年 東京美術学校彫刻科を卒業する。
    在学中は高村光雲、白井雨山に師事。
    その後、奈良にて古代彫刻の研究を行う。
    第3回帝展に「静寂」を出品し初入選、その後毎年入選。

1922年 東京美術学校研究科を卒業。

1928年 東京美術学校油絵科に再入学。
    藤島武二教授、長原孝太郎教授の教を受く。
    第9回帝展に「女人像」を出品、特選受賞

1933年 東京美術学校講師となる
1936年 日本彫刻家協会を結成。
1946年 日本彫刻家連盟委員長をつとめる

1952年 日本芸術院賞を受賞。
    その後、日本芸術院会員、日展常務理事、日本彫塑会会長となり、
1966年 明治百年記念の北海道開拓者顕彰像を制作中にアトリエの2階から誤って転落し、
    脳内出血及び骨盤骨折のため、作品を完成させる事なく死去。享年71歳。

加藤顕清の代表的な作品

  • 「コタンのアイヌ」
  • 「人間」
  • 「馬」
  • 「トルソ・女」
  • 「ペステム」
  • 「黒田岩吉像」
  • 「トルソ・女」
  • 「盲目のアコーディオン奏き」
  • 「人間像・青年」
  • 「女の首」
  • 「コタンのメノコ(愛情)」
  • 「真崎健夫先生像」
  • 「母子像」
  • 「イレネー」
  • 「裸婦座像」
  • 「弁財天と世界女性群像」
  • 「黒沢酉蔵像」
  • 「篠田弘作像」
  • 「ロシア人の首」
  • 「望郷のタロー」
  • 「クラーク博士像(胸像)」
  • 「クラーク先生の原像」
  • 「青年像」
  • 「佐藤昌介像」

加藤顕清の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では加藤顕清の作品を高価買取しております。
もし加藤顕清の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop