買取作家

山田鬼斎

やまだ きさい

山田鬼斎(やまだ きさい、1864-1901年)は、明治時代に活躍した日本の彫刻家。元治元年5月6日に越前坂井に仏師の家に生まれる。本名常吉。

仏師の父に彫刻を学ぶ。

明治19(1886)年に同郷の岡倉天心を頼って上京。

明治21年には岡倉に同行し奈良で宝物調査を行い、寺社の古仏を研究した。23年より東京美術学校雇となり、高村光雲の助手をつとめる。29年同校彫刻科教授となった。

日本の伝統的彫技を生かして西洋風の写実的表現を試みており、皇居前の「楠公像」制作に高村光雲らと共に参加した。

また、26年シカゴ万博に出品した浮彫の「平治物語図額」等、歴史的主題の作品を多く残している。


明治34(1901)年2月20日に東京美術学校在職中に死去。

山田鬼斎の代表的な作品

  • 木彫「大塔宮護良親王像」
  • 浮彫「平治物語図額」

山田鬼斎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では山田鬼斎の作品を高価買取しております。
もし山田鬼斎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop