買取作家

石川光明

いしかわ こうめい/みつあき

石川光明

石川 光明(いしかわ こうめい/みつあき 1852年10月1日(嘉永5年8月18日)-1913年(大正2年)7月30日)は、明治時代の日本の彫刻家。幼名勝太郎。伝統的な木彫りや象牙彫りに優れる。


浅草区松山町で宮彫師の家に生まれる。祖父の藤吉は浅草寺雷門を手掛けた。3歳の頃に父、9歳の頃に祖父と死別。駒形に住む叔父の家で家業の宮彫を教わる。


その後1862年から狩野寿信に師事し、絵画を学ぶ。1881年の第2回内国勧業博覧会では「牙彫魚籃観音像」・「嵌入の衝立」を出品。ともに妙技二等賞を受賞した。1886年からは根付師の菊川正光に師事し、牙彫を学ぶ。


また、1882年(明治15年)に同い年であった高村光雲と知り合い、良き理解者として互いに親交を深めた。明治時代を代表する彫刻家として活躍した。


高い技術力のあった石川光明は日本国内だけでなく、パリ万国博覧会やシカゴ・コロンブス世界博覧会でも受賞を重ね、海外からも注目を浴びる。


作品の制作を行う一方で、1890年に帝室技芸員、1891年東京美術学校教授となりっ活躍を見せた。また、文部省の美術展覧会審査員などを歴任。1887年には皇居造営の室内装飾で担当も務めている。




年表
1852(嘉永5)年 浅草区に生まれる
1862(文久2)年 狩野寿信に師事
1881(明治14)年 第2回内国勧業博覧会 妙技二等賞受賞
1882(明治15)年 高村光雲と知り合う
1887(明治20)年 皇居造営に参加
1890(明治23)年 帝室技芸員
1891(明治24)年 東京美術学校教授
1893(明治26)年 シカゴ万国博覧会 出品
1900(明治33)年 パリ万国博覧会 金賞受賞
1913(大正2)年 死去

石川光明の代表的な作品

  • 「軍鶏置物」
  • 「古代鷹狩置物」
  • 「白衣観音」
  • 「牧童」

石川光明の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では石川光明の作品を高価買取しております。
もし石川光明の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop