買取作家

流政之

ながれ まさゆき

流 政之(ながれ まさゆき、1923年-)は昭和から平成時代に活躍する日本の彫刻家である。1923年長崎県に生まれる。


幼少期は東京で過ごし、1936年に京都に移り住み、剣法や古流武術を教え込まれた。1942年には立命館大学法文学部に進学。その後は中退し、海軍飛行科予備学生となり、零戦の搭乗員として終戦を迎えた。その後は世界各地を放浪し、独学で彫刻を学んだ。初の個展となる「飛行空間」では第二次世界大戦で亡くなった日米戦没パイロットの追悼のための作品である「飛」「上昇」「洋上」「生」を制作し、開催した。


1958年の個展ではロックフェラー3世夫人に認められたことで、国際的に活躍するきっかけになった。その後アメリカへ渡り、1964年ニューヨーク世界博覧会で2500個、重さ600トンの石を持ち込んだ巨大な壁画「ストーンクレージー」を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターの広場に約250トンの巨大彫刻『雲の砦』の制作を行う。しかし、2001年のアメリカ同時多発テロに救助活動の際、現場に重機を入れるために壊されてしまう。また、作品『受』はニューヨーク近代美術館の永久保存作品として収蔵された。


国際的に評価されるようになった流政之だが、日本でも高く評価を受けており、日本アカデミー賞のトロフィーである『映画神像』の制作を手掛けた。その他にも彫刻家として活躍するかたわら、庭園の作品も残している。



年表
1923年 長崎県で生まれる
1942年 立命館大学法文学部に入学する
1943年 海軍飛行科予備学生となる
1964年 ニューヨーク世界博覧会に出品する
1974年 日本芸術大賞を受賞する
1975年 ニューヨーク世界貿易センターに巨大彫刻を制作
1976年 TIMEが選ぶ日本を代表する文化人の一人に選ばれる
1978年 中原悌二郎賞を受賞する
1983年 吉田五十八賞を受賞する
1994年 長野野外彫刻賞を受賞する
1995年 鳥取県景観大賞を受賞する
2013年 香川県高松市郊外の庵治半島にアトリエを構える

流政之の代表的な作品

  • 「ナガレバチ」
  • 「サキモリ」
  • 「風の砦」、「飛」「上昇」「洋上」「生」、「雲の砦」

流政之の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では流政之の作品を高価買取しております。
もし流政之の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop