買取作家

安藤緑山

あんどう ろくざん

安藤緑山(あんどう ろくざん、1885(明治18)年?-1955(昭和30)年)は大正から昭和時代に活躍した日本の彫刻家。本名は萬蔵。号は萬造、萬象。
人物像や生涯などはほどんどが不明である。


大谷光利に師事し、東京彫工会に属していた。また、「緑山乍」銘には、「金田記」「金田」の銘が併記される作品が多い。
この「金田」は牙彫家・牙彫商の金田兼次郎と言われているが、直接師事したという事実記録はない。しかし、展覧会への出品等は金田が行っていたため、二人は何らかの関係があったと言われている。

象牙彫刻に於いて活躍し、野菜や果物を中心に作品の制作を行った。


また、最大の特徴として「色つけ」があり、象牙の持つ白さに着色することで属徳の味わいを持たせていた。弟子を全く取らなかったため、その技法は現代に伝わっていない。

安藤緑山の代表的な作品

  • 「竹の子と梅」
  • 「蜜柑」
  • 「茄子」
  • 「仏手柑」
  • 「柿」
  • 「貝尽くし」

安藤緑山の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では安藤緑山の作品を高価買取しております。
もし安藤緑山の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop