買取作家

矢崎虎夫

やざき とらお

矢崎 虎夫(やざき とらお、1904年7月25日 - 1988年9月24日)は、日本の彫刻家である。

長野県諏訪郡永明村(現茅野市)生まれ。 平櫛田中に師事。1929年院展に初入選、院展白寿賞3回。

1964年渡仏し、ザッキンに師事。1966年日府展で文部大臣賞。1973年長野市野外彫刻賞。晩年は仏教を主題に木彫像を制作。

1904年 長野県諏訪郡永明村(現茅野市)に生まれる。

1923年 長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒業と同時に平櫛田中に入門。

1929年 第16回日本美術院展に「カナリヤ」(木彫)初入選。

1931年 東京美術学校(現東京芸術大学) 彫塑科卒業。

1934年 日本美術院展「老母座像」入選。院友に推挙される。

1946年 日展出品「バリ島の女の首」政府買上。

1952年 法隆寺金堂再建の修復彫刻にあたる。

1953年 日本美術院展白寿賞「若き女」。

1954年 日本美術院展白寿賞「浴光立女」。

1959年 日本美術院展白寿賞「立女」。

1964年 渡欧オシップ・ザッキンに師事。

1965年 フォワイエ・デ・ザルテイスト画廊(パリ市)にて個展。

1966年 日府展・文部大臣賞「雷電像」。

1970年 EXPO'70に「平和観音像」出展。

1973年 パリ市ヴァンセンヌの森に「雲水群像」建つ。箱根彫刻の森美術館大賞展「托鉢」当館に収蔵。

1974年 長野市第一回野外彫刻賞「托鉢」。

1976年 木彫巨匠展出品。

1988年 茅野市駅前「調和」経つ。9月24日東京都小平市の自宅にて逝去、享年84歳。

1990年 蓼科聖光寺境内に観音菩薩化身12体建つ。

1991年 ピラタス蓼科ロープウェイ(現北八ヶ岳ロープウエイ)に蓼科高原美術館・矢崎虎夫記念館開館。

矢崎虎夫の代表的な作品

  • 「雷電像
  • 托鉢」

矢崎虎夫の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では矢崎虎夫の作品を高価買取しております。
もし矢崎虎夫の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop