買取作家

米原雲海

よねはら うんかい

米原 雲海(よねはら うんかい、1869年~1925年)は島根県出身の日本の彫刻家。

本名は木山幸太郎、米原家の養子となる。高村光雲に師事、師光雲に因み雲海と号した。
その後1897年に「ジェンナー像」を制作するが、この技術は木彫界の革命と評される。1907年には平櫛田中、山崎朝雲らとともに日本彫刻会を結成。第一回東京勧業博覧会に出展した作品「清宵」は一等賞を受賞し、同作品は1910年の日英博覧会で金賞となり、2002年には文化庁より登録美術品として登録された。

米原雲海の代表的な作品

  • 「清宵」
  • 「仙丹」
  • 「竹取翁」「旅人」
  • 長野県善光寺の仁王像(高村光雲との合作)

米原雲海の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では米原雲海の作品を高価買取しております。
もし米原雲海の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop