買取作家

柳原義達

やなぎはら よしたつ

柳原 義達(やなぎはら よしたつ、1910年3月21日 - 2004年11月11日)は、近現代日本の彫刻家の一人である。兵庫出身。

構築性の強い具象彫刻の作家である。

1931年、東京美術学校彫刻科に入学。同年、第13回帝展に初入選。1933年以来、国画会展に出品を続け、1936年東京美術学校彫刻科卒業。

朝倉文夫に師事、文展入選、国画会受賞、1937年国画会展で受賞、同人に推挙される。1939年新制作派協会彫刻部創立に参加。同年、同会を脱退。戦後、1952年から5年間ヨーロッパに滞在する。

1956年高村光太郎賞、1974年中原悌二郎賞大賞など受賞、1970年日本大学芸術学部主任教授。1996年文化功労者。

平成16年11月11日死去。享年94歳。

柳原義達の代表的な作品

  • 「犬の唄」
  • 「裸婦立像
  • 座る女」
  • 「靴下をはく女」

柳原義達の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では柳原義達の作品を高価買取しております。
もし柳原義達の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop