買取作家

秦蔵六

はた ぞうろく

秦蔵六(はた ぞうろく 1823-1890)幕末から明治時代の鋳金家。文政6年生まれ。山城国愛宕郡に生まれる。幼名米蔵。幕末から続く彫金の名家の4代目として知られています。

蝋型(ろうがた)鋳造に優れた才能を持っており、中国古銅器の模作で知られた。22歳のとき京都に出て、2代竜文堂の弟子となり鋳造技術を学ぶ。

23歳で師家を辞してもっぱら中国周漢時代の古銅器について撥蠟法を研究し、蠟型鋳造に秀でていた。一つの型から一つの作品しか制作する事ができないため、非常に手間のかかる技法です。そのため作品は精緻なものが多く、中古市場でも高値で取引されている作品の多い作家として名前を挙げる事ができます。中国銅器の写しは他の追随を許さないほど素晴らしく、その技は代々受け継がれています。

また大和地方を巡歴し、古代の作品を観賞、和漢の古作品を研究した。孝明天皇の銅印、将軍徳川慶喜の〈征夷大将軍〉の黄金印を鋳造して名声をあげ、1873年宮内省の命により明治天皇の御璽(ぎよじ)、国璽を鋳造してますます名声が高まった。 明治23年4月14日死去。享年68歳。

秦蔵六の代表的な作品

  • 「鼎形花瓶」、「純錫罐座」、「塗金銅花器 立鼓式」

秦蔵六の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では秦蔵六の作品を高価買取しております。
もし秦蔵六の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop