買取作家

加納夏雄

かのう なつお

加納夏雄(かのう なつお 1828年(文政11年)4月14日‐1898年(明治31年)2月3日)は日本の金工師。京都府出身。本姓は伏見。

7歳で刀剣商の加納治助の養子となる。
12歳の頃から彫金師奥村庄八に師事。線彫り、象嵌などの技法を身に着けた。
14歳のころ、円山四条派の絵師・中島来章に師事し写実を学ぶ。
1846年19歳で金工師として独立を果たす。

明治維新を迎えると、新政府から新貨幣の原型作成を依頼を受ける。デザインから型の制作まで全て加納に一任された。

後に多くの同業者は廃業に追い込まれたが、煙草入れや根付の名品を作り続けた。
またその気品ある作品は海外でも人気が高い。

加納夏雄の代表的な作品

  • 「月雁(つきにかり)図鉄額」
  • 「鯉魚図額」
  • 「百鶴図花瓶」

加納夏雄の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では加納夏雄の作品を高価買取しております。
もし加納夏雄の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop