買取作家

正阿弥勝義

しょうあみ かつよし

正阿弥勝義

正阿弥 勝義(しょうあみ かつよし、天保3年3月28日(1832年4月28日) - 明治41年(1908年)12月19日)は、明治時代に活躍した金工家。

天保3年(1832年)津山二階町に住む津山藩お抱えの彫金師・中川五右衛門勝継の三男として生まれる。幼名は淳蔵、通称は淳蔵、勝義は工名。幼い頃から父に彫金を学ぶ。江戸出府の方便として津山藩先手鉄砲隊小山家の継嗣となり、江戸の彫金家に弟子入りしようとするが果たせず、江戸から帰郷後養子関係を解消。その後、18歳で岡山藩御抱え彫金職人の名家・正阿弥家の婿養子となって、正阿弥家の9代目を継ぐ。養子入り後は、江戸幕府お抱えの彫金家・後藤家の門人で、自身も江戸幕府及び朝廷の御用職人を務めていた実兄・中川一匠や、その師・後藤一乗から手紙で下絵や脂型、或いは相互に作品を遣り取りして指導を受ける。勝義の作品を数多く所蔵する清水三年坂美術館にはこの頃の刀装具や短刀拵も含まれ、既に勝義が高度な技術を持っていたことが窺える。

正阿弥家は、藩主の注文で刀装具を作り安定した暮らしをしてきたが、明治維新後の廃藩置県で岡山藩との雇用が解かれたことによって生活の保障がなくなり、更に廃刀令により刀装具の仕事もなくなってしまった。多くの彫金家たちが廃業する中、勝義はその技術を生かして新たに花瓶や香炉などの室内装飾品や彫像などの美術工芸品、茶器などを制作し始める。明治11年(1878)職人30余名で輸出産業を起こし、神戸の貿易商・濱田篤三郎の紹介でイギリス商人と売買契約を結ぶ。ところが、奸商による粗製偽物が出たため輸出を中止、職人を少数に絞り美術工芸に専念する。同年から、イギリスから大衝立の注文を受け、加納夏雄・海野勝珉の十二支図案で、勝義の金工彫、逸見東洋の木工により3年がかりでを作り上げ、現在ボストン美術館が所蔵している。その後、勝義は国内、海外を問わず精力的に博覧会や美術展に出品し、各地で高い評価を受けた。

明治32年(1899年)67歳にして美術研究のため京都へ引っ越す。京の伝統文化は正勝の才能を更に昇華させ、正勝の名声を高めている作品の多くは、京都移住後から死去までの10年間に制作されたものである。晩年はパトロン離れによる新たな顧客獲得のための慣れない営業で身をすり減らし、これまでの人生でした事も無い借金もかさんでいった。明治41年(1908)に脳卒中で京都で逝去、享年77。墓所は、岡山の東山墓地。

出典:Wikipedia

正阿弥勝義の代表的な作品

  • 「雪中南天樹鵯図額」
  • 「群鶏図香炉」

正阿弥勝義の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では正阿弥勝義の作品を高価買取しております。
もし正阿弥勝義の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop