買取作家

塚田秀鏡

つかだ しゅうきょう

塚田秀鏡(つかだ しゅうきょう、1848(嘉永元年)-1918(大正7)年)は、明治から大正時代に活躍した日本の彫金家である。号は真雄斎。刻印は「秀鏡刀」「真雄」など。嘉永元年9月14日東京神田で上州館林秋元藩の藩士で泉龍鞘巻の大家・土肥義周の次男として生まれる。

江戸神田の装剣金工畑直鏡の養子となる。のち塚田に改姓。勝見完斎や加納夏雄に師事し、彫金を学ぶ。また、絵を柴田是真に学ぶ。加納夏雄と柴田是真の末字をとって真雄斎と号した。
天皇太刀の彫刻を手掛け、国内外での展覧会で作品を発表している。1893年(明治26年)シカゴ万国博覧会や1900年(明治33年)パリ万国博覧会、1904年(明治37年)セントルイス万国博覧会などではそれぞれ受賞している。その後1913年(大正2年)には帝室技芸員を拝命している。

国外でも作品を発表し、作品の中には小品が多く、輸出と実用を兼ねた煙草入など当時の典型的な作品を残す。その技術は師である加納夏雄の特技片切彫及び、象嵌を踏襲し堅実なスタイルで高く評価された。
1918年東京湯島の自宅で死去した。


年表
1848年(嘉永元年) 東京神田に生まれる
1881年(明治14年) 第2回勧業博に出品
1893年(明治26年) シカゴ万博博覧会 出品・受賞
1900年(明治33年) パリ万国博覧会 出品・受賞
1904年(明治37年) セントルイス万国博覧会 出品・金賞受賞
1910年(明治43年) 日英博覧会展 出品・受賞
1913年(大正2年) 帝室技芸員を拝命
1918年(大正7年) 死去

塚田秀鏡の代表的な作品

  • 「鶺鴒躑蠋図煙草箱」
  • 「桜花鳳凰図鐔」
  • 「銀地赤銅朧銀素銅象嵌片切彫」

塚田秀鏡の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では塚田秀鏡の作品を高価買取しております。
もし塚田秀鏡の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop