買取作家

小林一茶

こばやし いっさ

小林一茶

小林一茶(こばやし いっさ 1763年6月15日-1828年1月5日)は日本の江戸時代を代表する俳諧師。

本名は小林弥太郎。
小林竹阿に師事。俳諧を学ぶ。

一茶の句は風雅の味わいがあまりなかったため、生前は田舎俳諧とみられていた。
しかし明治時代になり、その強烈な自意識と鋭い洞察力を高く評価し、松尾芭蕉、与謝蕪村と並ぶ俳人として広く世に名を馳せた。

一茶のつくった句は約22,000句にも及んだ。

小林一茶の代表的な作品

  • 「一茶発句集」
  • 「おらが春」

小林一茶の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では小林一茶の作品を高価買取しております。
もし小林一茶の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop