買取作家

森狙仙

もり そせん

森狙仙(もり そせん、1747年(寛延元年) - 1821年8月18日(文政4年7月21日))は日本の江戸時代後期の絵師である。通称は八兵衛であり、名を守象という。字は叔牙。号は祖仙、霊明庵、如寒斎、屋号の花屋がある。
狩野派や円山応挙らの影響を受けつつ、独自の画風を追い求め養子森徹山へと連なる森派の祖となった。主に動物画を描き、その中でも得意としていた猿画の代表作としては「秋山遊猿図」がある。
狙仙の残されている作品は、約90%以上は猿の絵と言われている。ユーモラスな仕草を描く構成力や、個々の猿の生き生きとした表情、柔らかな体毛の質感を表現する技術、巧妙な擬人化による親しみやすさなどは、狙仙ならではのものである。また猿画を学ぶにあたり、猟師に猿を生け捕りにしてもらい、観察をして猿画を書いた。しかし、それでは自然の猿を知ることが出来ないと知人に指摘されたため、山野で猿を観察していた。狙仙は、この観察に数年を費やしたという伝説を持つ。他にも鹿・狸・猫・虎などの動物画にも秀逸なものがある。その反面で、山水画や人物画はあまりない。
2006年12月現在に「秋山遊猿図」が重要美術品に認定されているのを除いて、国の重要文化財以上の指定を受けている作品はない。地方自治体の文化財として保護されているものは大阪府指定の「紫雲寺本堂内陣鳥獣画」、明石市指定の「猿の図絵馬」がある。「雨中桜五匹猿図」は2005年の切手趣味週間にちなんだ80円郵便切手の図案に採用された。
狙仙の生涯について残された資料は少なく、かなりの不明点が存在する。1747年(寛延元年)に絵師の森如閑斎という絵師の三男として生まれた。兄は、森陽信と森周峯である。出生地についていくつかの説があり、西宮説、大阪説、長崎説がある。いずれの説をとるとしても大阪を中心に活動したことは分かっている。
狙仙は、はじめ部如春斎のもとで狩野派の技術を学び、号を如寒斎とした。師である如春斎が亡くなったあたりから、円山応挙や沈南蘋の影響を受け、画風を変えた。その頃から写実を重視するようになった。それにより、猿画の名手としての評判が高くなったと考えられている。還暦を迎えた文化4年(1807年)の時に、それまで「祖仙」としていた号を改め、「狙仙」とした。狙仙は、1821年(文政4年)に大阪で死亡した。墓所は易往山西福寺(大阪市北区)にある。

森狙仙の代表的な作品

  • 「紫雲寺本堂内陣鳥獣図」
  • 「孔雀図」
  • 「樹下双鹿図屏風」
  • 「雪中三獣図」
  • 「墨馬図屏風」
  • 「龍・鹿図」

森狙仙の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では森狙仙の作品を高価買取しております。
もし森狙仙の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop