買取作家

良寛

りょうかん

良寛

良寛(りょうかん、宝暦8年10月2日(1758年11月2日) - 天保2年1月6日(1831年2月18日))は江戸時代後期に活躍した曹洞宗の僧侶、漢詩人、歌人、書家である。俗名は山本栄蔵、または文孝である。号は大愚。
出身は、越後国出雲崎(現在は新潟県三島郡出雲崎町)である。父は山本左門泰雄であり、この地区の名主・橘屋であった。他にも石井神社の祠職を務めるなどした。また、以南という俳人でもあった(異説では桂誉章の子、越後国新津(現在の新潟県新潟市秋葉区)の大庄屋)。良寛は出雲崎の名主であった父の後を継ぐために、名主見習いを始めた。その2年目の18歳の時に突如出家し、子供の頃によく勉学を積んだ曹洞宗光照寺にて修行をした。この頃は、全国各地に米騒動が頻発しており、越後にも天災、悪疫が襲っていた。また、凶作により餓死者を出した。村人の争いを調停し、盗人の処刑に立ち会っていた良寛が見たものは、救いようのない人間の哀れな世界であった。しかし、両親の説得にも構わず良寛は頑なに修行を続けた。出家後、安永8年(1779年)22歳の時に良寛の人生は一変した。玉島(岡山県倉敷市)の円通寺の国仙和尚を生涯の師と定め、師事した。円通寺の格式は高く、その門に入るには厳しい戒律を通過しなければならなかったとされる。教えでは、経を学ぶことより、勤労に務めることを第一としていた。「一日作らざる者は、一日食わず」と国仙和尚は日を変え言葉を変え良寛に説いた。その教えは、後の良寛の生き方に強い影響を与えた。良寛が修行した僧堂は、「良寛堂」として今もその当時のまま残されている。
寛政2年(1790年)に印加(修行を終えた者が一人前の僧としての証明)を贈られた。翌年、良寛34歳の時に「好きなように旅をするが良い」という言葉を残し世を去った国仙和尚の思いを受けて、諸国を巡り始めた。父の訃報を受けてもなお放浪の旅は続け、義提尼より和歌の影響を受けた。48歳の時に、越後国蒲原郡国上村(現燕市)国上山(くがみやま)国上寺(こくじょうじ)の五合庵(一日五合の米があれば良いと農家から貰い受けたことからこの名が付けられた)にて書を学んだ。『秋萩帖』はその手本として自ら選んだとされる。五合庵の良寛は何事にもとらわれない、といった生活であった。

良寛の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では良寛の作品を高価買取しております。
もし良寛の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop