買取作家

益田玉城

ますだ ぎょくじょう

益田 玉城(ますだ ぎょくじょう、1881年(明治14年)1月1日 - 1955年(昭和30年)4月22日)は、日本画家である。
玉城は昭和初期の女性風俗を扱った美人画を得意とした。昭和10年新帝展の再改組運動にも関わった。出身は宮城県都城であり、本名を珠城という。
父は旧姓都城中学の校長を勤める厳格な家庭であったため、画家を志した玉城は同郷の山内多門と、家で同然で故郷を出奔し川端玉章の内弟子となった。その後東京美術学校へ入学し、本格的に学んだ後、川端画学校教頭として後進の指導に尽力した。官展への初入選は大正4年第9回文展「かの子屋の娘」である。その後も大正9年、10年、昭和3年、4年の各年に帝展にて入賞をし、昭和6年には「姫街道」にて無鑑査推薦となった。
主要作品の管理は、新帝展の再改組運動の拠点でもあった目黒雅叙園に残され、1991年から2002年まで同美術館により行われていた。しかし現在は郷里の都城市立美術館により所蔵されている。


参考文献:目黒雅叙園コレクション 昭和初期の日本画名品展 美人と課長、出版:(財)そごう美術館・日本経済新聞社

益田玉城の代表的な作品

  • 「爪」

益田玉城の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では益田玉城の作品を高価買取しております。
もし益田玉城の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop