買取作家

東山魁夷

ひがしやま かいい

東山魁夷

東山 魁夷(ひがしやま かいい、1908年7月8日 - 1999年5月6日)は、昭和を代表する日本の画家、著述家。本名は東山 新吉(ひがしやま しんきち)。横浜市出身。

父の仕事の関係で3歳の時に神戸西出町へ転居した。兵庫県立第二神戸中学校(現兵庫高校)在学中の頃から画家を目指し、東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科へ進学し、結城素明に師事する。

在学中の1929年、第10回帝展にて「山国の秋」を初出品、初入選する。卒業後、ドイツのベルリン大学に留学し、ドイツロマン主義の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒを日本に初めて紹介した。

1945年応召し、熊本で終戦を迎えた。召集解除後は小虎、母、妻が疎開していた山梨県中巨摩郡落合村(現南アルプス市)に一旦落ち着く。

戦後、1947年の第3回日展で「残照」が特選を得たことが転機となり、それ以降、風景を題材に独自の表現を追求し始める。1950年に発表された「道」は、前方へとまっすぐに伸びる道だけを描く作品で、単純化を極めた画面構成に新機軸が示されている。

母の没後は千葉県市川市に移り、1953年に大学の同級生、吉村順三建築の自宅を建て、50年以上に亘り、その地で創作活動を続けた。

1960年に東宮御所、1968年に落成した皇居宮殿の障壁画を担当した。1970年代には約10年の歳月をかけて制作した奈良・唐招提寺御影堂障壁画「黄山暁雲」は生涯の大作となった。

黄山を「充実した無の世界」と表現。混沌とした自然の移ろいにあらゆるものを生み出すエネルギーを感じ取る。千変万化する山の姿を墨の濃淡を使い分け、鮮やかに描き出した。

これにより国内での人気はさらに高まり国民的日本画家と呼ばれるようになる。画集のみならず文章家でもあり画文集など、著作は数多い。日展への出品作など代表作の多くを東京国立近代美術館と長野県に寄贈した。

長野県は、長野県信濃美術館に「東山魁夷館」を増設し、寄贈された作品の常設展示にあてている。

少年時代に暮らしていた神戸市にある兵庫県立美術館、父方の出身地である香川県の「香川県立東山魁夷せとうち美術館」にも、版画を中心とする作品が寄贈された。千葉県市川市には、自宅に隣接して市川市立「東山魁夷記念館」が開館した。

また、岐阜県中津川市(旧長野県木曽郡山口村)に、美術学校時代にお世話になったことに感謝の意を込め寄贈された約500点の版画を収蔵する「東山魁夷 心の旅路館」がある。

東山魁夷の代表的な作品

  • 「残照」
  • 「道」
  • 「光昏」
  • 「青響」
  • 「曙」
  • 「年暮る」
  • 「花明り」
  • 「白馬の森」
  • 「濤声」
  • 「山雲」
  • 「黄山暁雲」
  • 「朝明けの潮」
  • 「夕星」

東山魁夷の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では東山魁夷の作品を高価買取しております。
もし東山魁夷の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop