買取作家

門井掬水

かどい きくすい

門井 掬水(かどい きくすい、1886年(明治19年)11月20日 - 1976年(昭和51年)5月1日)は、日本画家である。
出身は茨城県鹿島郡大洋村(現在は鉾田市札)であり、本名を英という。
上京した両親が湯島で八百屋を営み、鏑木清方宅に出入りしていたのが縁で、明治30年に入門した。これはまだ掬水が小学生の時のことである。清方は当時挿絵を描いており、明治34年に清方、都築真琴、山中古洞、鰭崎英朋らの青年挿絵画家の集まり「烏合会」に掬水も出品した。大正4年に清方門下の結成した「郷土会」の運営に力を尽くした。大正10年に第三回帝展に「芽生」が初入選し、以後は帝展へ「黒胡蝶」、「傀儡子」、「七夕」と清麗な風俗美人画を出品した。清方の歩みに寄り添うような画業であった。門下には利錠佐久と川合要がいる。


参考文献:目黒雅叙園コレクション 昭和初期の日本画名品展 美人と課長、出版:(財)そごう美術館・日本経済新聞社

門井掬水の代表的な作品

  • 「黒胡蝶」
  • 「島娘」
  • 「舞い」
  • 「初秋」
  • 「お手前」
  • 「舞踏の楽屋」
  • 「夕浜」
  • 「念仏講」

門井掬水の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では門井掬水の作品を高価買取しております。
もし門井掬水の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop