買取作家

鏑木清方

かぶらき きよかた

鏑木清方

鏑木清方(かぶらき きよかた 1878年(明治11年)8月31日‐1972年(昭和47年)3月2日)は日本の浮世絵師、日本画家。東京都出身。本名は健一。
父は条野採菊というジャーナリストでありながら山々亭有人と号した幕末の人情本作家。

近代の日本の美人画家として、上村松園、伊東深水と並んで高く評価されている。
作品のほとんどが人物画であり、風景などはごくまれである。

1891年、浮世絵師の水野年方に師事。当時14歳。翌年には中学をやめて画家に専念していた。
1898年、日本絵画協会展に初めて大作を出品した。当時21歳。
以降、美人、風俗画家として活動を始めるが、青年期に泉鏡花と知り合い、その挿絵を描いたことや幼少時の環境からも終世、江戸情緒や浮世絵の美を追求していく。
1901年には当時の画家仲間たちと「烏合会」を結成し、烏合会の展覧会が主な作品の発表場所となった。

第二次大戦の空襲で東京の自宅が焼け、終戦後の晩年は鎌倉に移り住む。
関東大震災と第二次大戦による空襲という2つの災害で、鏑木清方が愛した明治時代の古き良き東京の風景は跡形もなくなってしまったが、鏑木清方は自分がこよなく愛した東京の下町風俗や当世風の美人を終生描き続けた。

鏑木清方の代表的な作品

  • 「一葉女史の墓」
  • 「墨田河舟遊」
  • 「朝涼」
  • 「築地明石町」
  • 「三遊亭円朝像」
  • 「一葉像」
  • 「暮れゆく沼」

鏑木清方の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では鏑木清方の作品を高価買取しております。
もし鏑木清方の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop