買取作家

宇田荻邨

うだ てきそん

宇田 荻邨(うだ てきそん、1896年(明治29年)6月30日 - 1980年(昭和55年)1月28日)は、日本画家である。
出身は三重県松阪市であり、本名を善次郎という。大正2年に上洛して菊池芳文に師事し、のちに菊池契月に師事した。芳文のすすめで、京都市立絵画専門学校に入学し、卒業後は大正8年第1回帝展に「夜の一力」でデビューした。その頃から「蜜栗会」に加わり、卒業後も制作を続けた。作品は、甲斐庄楠音らの影響を受けたもの憂いような頽廃性が漂うものが多い。しかし菊池芳文亡き後は、そういった頽廃的な影は払拭されており、師事した菊池契月の磨かれた新古典的な画風に啓発されたような端麗な装飾画を描くようになった。また、昭和25年に日展運営会参事となり、昭和31年には画塾白甲社を設立。昭和36年に日本芸術院会員となり、昭和37年には日展理事、昭和42年に勲三等瑞宝章を受賞。昭和48年には日展顧問を務めた。

参考文献:目黒雅叙園コレクション 昭和初期の日本画名品展 美人と課長、出版:(財)そごう美術館・日本経済新聞社

宇田荻邨の代表的な作品

  • 「夜の一力」
  • 「大夫」
  • 「港」
  • 「木陰」
  • 「淀の水車」
  • 「渓間」
  • 「高雄の女」
  • 「魞」
  • 「簗」

宇田荻邨の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では宇田荻邨の作品を高価買取しております。
もし宇田荻邨の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop