買取作家

池田輝方

いけだ てるかた

池田輝方

池田 輝方(いけだ てるかた、1883年(明治16年)1月4日 - 1921年(大正10年)5月6日)は、日本の浮世絵師、画家である。
輝方は美人画、風俗画を得意としており、雑誌や新聞の挿絵も多く手掛けている。


出身は東京市京橋区(現在は東京都中央区)木挽町であり、建具職人である父、池田吉五郎の次男として誕生した。本名を正四郎という。


少年の頃に水野年方に入門し、塾頭として活躍した。師が没した後は川合玉堂に学び、風俗画に特色を示している。


また、この頃に浮世絵に惹かれて来日していたフランス人の浮世絵師ポール・ジャクレーに日本画を教えた。浮世絵に明治34年に年方門下と浮世絵系に属する青年が集まって結成した鳥合会に参加した。


その後、前期日本美術院にも作品を発表し、官展には大正元年第6回文展「都の人」が初入選となり、第9回文展「木挽町の今昔」で2等賞を受賞した。大正10年5月6日に肺患のため没した。墓所は台東区谷中の谷中霊園にある。

池田輝方の代表的な作品

  • 「桜舟・紅葉狩図屏風」
  • 「木挽町の今昔」
  • 「夕立」
  • 「涼宵」
  • 「浅草寺」
  • 「若衆紅葉狩図」
  • 「江戸の錦」
  • 「千種花」

池田輝方の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では池田輝方の作品を高価買取しております。
もし池田輝方の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop