買取作家

芹沢銈介

せりざわ けいすけ

芹沢銈介

芹沢 銈介(芹澤銈介、せりざわ けいすけ、「けい」は金偏に圭、1895年(明治28年)5月13日 - 1984年(昭和59年)4月5日)は、日本の染色工芸家。

静岡市(現葵区)生まれで、静岡市名誉市民。文化功労者。重要無形文化財「型絵染」の保持者(人間国宝)。20世紀日本の代表的な工芸家として内外から高く評価されており、民芸運動の主要な参加者でもあった。
オリジナリティあふれる作品群を生み出したほか、本の装丁など商業デザインも手がけ、また、その選美眼で世界各地の民芸品を蒐集した。東北地方、ことに仙台の街や鳴子温泉を愛したことでも知られる。
息子の芹沢長介は考古学者として活躍したが、晩年は東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館の館長を務めた。

出典:Wikipedia

芹沢銈介の代表的な作品

  • 「紺地杓子菜文麻地壁掛」
  • 「いそほ物語絵巻」
  • 『絵本どんきほうて」
  • 「法然上人絵伝」
  • 「東北窯めぐり」
  • 「益子日帰り」
  • 「四季曼荼羅二曲屏風」
  • 「荘厳飾り布」

芹沢銈介の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では芹沢銈介の作品を高価買取しております。
もし芹沢銈介の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop