買取作家

大西清右衛門

おおにし せいえもん

大西清右衛門(おおにし せいえもん)は、千家十職の釜師。室町時代後期から400年以上続く京釜師の家柄。現在は16代清右衛門が当主。


4代当主が清右衛門を名乗る。9代目を除き、6代目以降代々の当主は「清右衛門」を継いだ。
京都市中京区の三条釜座に工房があり、「大西清右衛門美術館」も併設された。


初代浄林(1590年-1663年)は、山城の国に生まれた。後、京都の釜座に移り、釜の製造を始める。当時の他の工房では、草庵風の釜を制作していた。それに対し、武家の好みに適う広間向きの作風を確立した。


2代浄清(1594年-1682年)は、初代浄林の弟。歴代の中でも技術が高く、名人として知られている。古田織部や織田有楽の釜師を務めた。
作品は地文のある装飾的ものを得意とした。


6代浄元(1689年-1762年)からは、千家出入りの釜師となる。また、この頃から草庵風の侘茶に適した作品を作るようになる。


7代浄玄(1720年-1783年)は、大西家中興の祖と言われ、2代浄清に続く名手として有名である。美しく、気品に満ちた釜を制作した。


9代浄元(1749年-1881年)は、7代浄玄の弟子。養子として大西家を継ぐ。作品は丁寧で、美しい地肌の上品な釜が特徴である。


10代浄雪(1777年-1852年)は、装飾した地文と地肌が調和した美しい釜を制作。制作をする一方で名物釜を調査。「名物釜由緒聞伝控」等を編纂。学者としても知られる。


13代浄長(1866年-1943年)は、茶道が困窮した時代に復興に努め、日本画家橋本関雪の絵を装飾に用いた釜を作った。


16代清右衛門(1961年-)は、15代浄心の長男として京都に生まれる。1993年に16代清右衛門を襲名。芦屋釜を研究、秘法とされた技法を再現。

大西清右衛門の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では大西清右衛門の作品を高価買取しております。
もし大西清右衛門の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop