買取作家

生野祥雲斎

しょうの しょううんさい

生野祥雲斎(しょうのしょううんさい、1904年-1974年)は、竹工芸家。人間国宝。大分県出身。本名、秋平。

石城尋常高等小学校を卒業し、19歳で佐藤竹邑斎に師事。竹工芸を学ぶ。1925年、21歳で独立し夢雀斎楽雲と称したが、後に妙心寺管長の神月徹宗に名付けられた生野祥雲斎を用いるようになる。

1927年から大分市に居を構える。1938年から1946年まで大分県工業試験場別府工芸指導所で商工技手として後進を指導した。

1940年の紀元二千六百年奉祝美術展に初入選し、その後出品を続け、1943年には「銘心華賦」が特選となる。

第二次世界大戦後は、純粋な造形美を志向した創作を行った。1956年「怒濤」が日展北斗賞、1957年「炎」が日展特選、北斗賞を受賞した。1977年には、竹工芸初の人間国宝に認定された。

生野祥雲斎の代表的な作品

  • 「怒濤」
  • 「紫竹籬花生」

生野祥雲斎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では生野祥雲斎の作品を高価買取しております。
もし生野祥雲斎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop