買取作家

濤川惣助

なみかわ そうすけ

濤川惣助

濤川惣助(なみかわ そうすけ、1847-1910年)は、明治期の東京を代表する七宝作家である。京都の並河靖之と双璧をなした。
1847年に下総国鶴巻村(現・千葉県旭市)で農家の次男として生まれる。18歳のとき江戸に出て酒商を営む。その後家業を弟に譲り瀬戸、岡崎、名古屋などの陶業を視察して廻る。
1877年に開催された第1回内国勧業博覧会を観覧して七宝の魅力に目覚め、直ぐに七宝家の道に転進し、尾張七宝の職人達を擁する東京亀戸のドイツのアーレンス商会の七宝工場を買収。翌年東京日本橋で七宝制作を始めた。 1879年には革新的な技法となる輪郭線をなくした無線七宝を発明し、絵画と同じ表現力を七宝に持たせた。
国内外の博覧会にも自らの作品を出展して数々の賞を受賞。1881年に開かれた第2回内国勧業博覧会では名誉金牌を受章。1883年のアムステルダム万博と1885年のロンドン万博では金牌を、1889年に開催されたパリ万博では名誉大賞を受賞をし、活躍を見せた。また、1896年には優れた創意と技術が認められ、帝室技芸員に任命される。七宝の分野で帝室技芸員に任命されたのは並河靖之と濤川の2人だけである。そのため、国内では「東京の濤川、京都の並河」と称され、外の美術愛好家にも広く知られていた。
1910年2月9日に死去。享年64。
濤川惣助の作品は図柄の輪郭線がなくなる無線七宝な技法を採用している。作品の図柄には日本画的なものが多く、柔らかい無線七宝の表現と調和するため乳白色等の淡い色彩の地のものが多い。

年表
1847年 下総国鶴巻村で生まれる
1877年 七宝家に転進
1879年 無線七宝を発明
1881年 第2回内国勧業博覧会で名誉金牌
1883年 アムステルダム万博で金牌
1885年 ロンドン万博で金牌
1889年 パリ万博で名誉大賞を受賞
1896年 帝室技芸員に任命
1910年 死去

濤川惣助の代表的な作品

  • 「七宝貼込屏風」
  • 「七宝富嶽図額」
  • 「七宝製墨画月夜森林図額」

濤川惣助の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では濤川惣助の作品を高価買取しております。
もし濤川惣助の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop