買取作家

梶常吉

かじ つねきち

梶常吉 (かじ つねきち 1803年(享和3年)-1883年(明治16年))は日本の工芸家。愛知県出身(尾張)。尾張藩士の次男として生まれる。

江戸時代末期、オランダ船が運んできた七宝皿に興味を持ち、買い上げて研究を開始。
1570年に書かれた古書から七宝が珊瑚・琥珀・玻璃・瑪惱・水晶などから作ることを知り研究を重ねるも実現には至らず、破砕、分析して成分を調べる。
そして「泥七宝」という手法の開発に至った。現在の尾張七宝(有線七宝)の基礎を作り近代七宝の基盤を作った。

梶常吉の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では梶常吉の作品を高価買取しております。
もし梶常吉の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop