買取作家

音丸耕堂

おとまる こうどう

音丸 耕堂(おとまる こうどう、1898-1997)は香川県出身。日本の漆芸家。本名は芳雄。高松市に生まれる。

石井磬堂に師事し、さらに玉楮象谷に私淑して独学。木彫、彫漆(ちょうしつ)の技術を習得。

高松で江戸時代末期に活躍した玉楮象谷(たまかじぞうこく)の作品を模作しながら彫漆技術を身につけた。

のち上京して作家活動を行い、1942年(昭和17)第5回文展で特選を受賞。

帝展初入選以降、同展、新文展、戦後の日展で受賞を重ね、日本工芸会設立後は、日本伝統工芸展を中心に作品発表。


多彩な色漆(いろうるし)を重ねた層に、現代風を取り入れた意匠を彫り込んだ彫漆作品で新分野を開拓し、漆芸界に新風をもたらした。

55年重要無形文化財「彫漆」の保持者に認定された。

82年後進の育成に寄与すべく「公益信託音丸漆芸研究奨励基金」を設立。

1988年東京池袋の西武アートフォーラムで「音丸耕堂鳩寿(きゅうじゅ)記念回顧展」、1994年東京国立近代美術館工芸館で「現代の彫漆(音丸耕堂一門13名の展覧会)」が開催された。

紫綬褒章受章。人間国宝。

1997年9月8日肺炎のため死去。享年99歳。

音丸耕堂の代表的な作品

  • 「彫漆椿文手箱」
  • 「彫漆薺文茶入」
  • 「彫漆草花文菓子器」
  • 「彫漆貝母文菓子器」
  • 「彫漆銀連糸茶入」

音丸耕堂の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では音丸耕堂の作品を高価買取しております。
もし音丸耕堂の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop