買取作家

高野松山

たかの しょうざん

高野松山(たかの しょうざん 1889年-1976年)は日本の漆芸家。

熊本県出身。
祖父は細川藩の儒者で、父は小学校の校長であった。
白山松哉に師事し、白山は蒔絵を学び、白山から松山の号を受けた。

細川侯爵の援助のもと作品を多く制作し、帝展、日展で活躍。

1952年、蒔絵の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。

高野松山の代表的な作品

  • 「木地蒔絵蝶文手箱」
  • 「牡丹木地蒔絵手箱」
  • 「蒔絵鈴虫香合」
  • 「乾漆竹菓子器」

高野松山の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では高野松山の作品を高価買取しております。
もし高野松山の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop