買取作家

堆朱楊成

ついしゅ ようぜい

堆朱楊成(ついしゅ ようぜい)は、南北朝時代から現代まで続く彫漆工である。現在は21代。

初代は長充である。生没年は不詳。足利氏の臣で1360年に初めて堆朱を作った。元の名である工張成と楊茂から一字ずつとり楊成と号した。
2代は長辰である。足利義政に仕えながら技術を受け継ぐ。応永から嘉吉時代に存命した。
3代は長貞である。2代同様に足利義政に仕えた。茶器を作っていた。長享年間に死去した。
4代から6代は記録がほとんど残っていないが、技術は受け継がれていた。
7代は長親。豊臣秀吉に仕え、茶器を作る。7代の作る茶器を難波彫と言われ、高い評価を受けた。元和時代に鎌倉で死去。
8代は長宗である。作品は彫漆に厚貝、青貝等を入れ彫りこむ、新たな作風が特徴である。1654年8月24日に死去
9代名は不明。長善承応時代に楊成を継いだ。1680年8月13日に死去。
10代は長是である。徳川綱吉に仕える。この代から徳川家に仕える。1719年4月26日に死去。
11代は長盛である。1719年に継ぐ。1735年9月30日に死去。
12代は長韻。1735年に継ぐ。1765年5月22日に死去。
13代は長利。1765年に継ぐ。1779年10月24日に死去。
14代は均長。1780年に継ぐ。1791年6月23日に死去。
15代は長蔭。1791年に継ぐ。西丸御開の折、堆朱中央卓の制作を命じられた。1812年2月2日に死去。
16代は長英。1811年に継ぐ。1848年11月8日に死去。
17代は長邦。1820年に継ぐ。時代の変革期であり、晩年に剃髪。号を浄友とした。1858年8月11日に死去。
18代は国平。1860年に継ぐ。1862年、日光東照宮の修理に携わるが、明治維新の影響で一時廃業。1890年3月8日に死亡。
19代は経長。18代の長男として1866年12月に生まれる。通称、好三郎。堆朱技法を研究し、明治維新で廃業した堆朱の再興を計る。1896年11月8日に死亡。
20代(1880-1952年)は、18代の次男である。幼名は豊五郎。兄である19代に学ぶ。絵画は佐竹永湖、彫技は石川光明に学ぶ。1896年(明治29年)に兄の死去により、20代堆朱楊成を襲名する。彫漆を継承した。1907年に東京府勧業博覧会に初出品。2等賞を受領。宮内省御用品となる。その後も帝展や文展、日展に出品し、多数の賞を受賞する。1928年に緑綬褒章受章する。また、1933年帝展審査員をつとめる。1950年には日本芸術院会員となる。1952年11月3日東京都北区の自宅で狭心症のため死去した。
現在は21代となる。高い技術と伝統が受け継がれている。

堆朱楊成の代表的な作品

  • 「彫漆獅子手箱」(二十代)
  • 「青楓雉子香合」(二十代)

堆朱楊成の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では堆朱楊成の作品を高価買取しております。
もし堆朱楊成の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop