買取作家

今泉今右衛門

いまいずみ いまえもん

今泉今右衛門(いまいずみ いまえもん)は肥前有田の窯家。焼物の三右衛門(柿右衛門、今右衛門、太郎右衛門)の一つ。
赤絵屋十六軒の一つ。江戸期は鍋島藩の御用赤絵師であった。江戸後期以降、廃藩置県と共に鍋島藩窯の御用赤絵屋制度が消滅。しかし鍋島の技法と伝統は赤絵町の今泉今右衛門家によって復興・継承される。


10代今泉今右衛門(1847年-1927年、本名今泉藤太)
9代今泉今右衛門が1873年に没し、同年26歳で10代今泉今右衛門を襲名。従来の鍋島焼は下絵付け・本焼きの工程を大川内で、上絵付けの工程を赤絵町で分担して行っていた。
しかし、10代今右衛門は登り窯を築き、すべての工程を自家工房で行い、一貫した色鍋島の制作に踏み切る。今右衛門窯の基礎を作った。


11代今泉今右衛門(1873年-1948年、本名今泉熊一)
1927年に11代襲名。従来の鍋島の主力は皿類であったが、それだけでなく、近代生活に対応した器種も制作した。また、作品の質を向上、最盛期の色鍋島や古伊万里の復元にも努め、優れた作品を残した。皇室御用品なども制作し、色鍋島復興の基礎を作った。


12代今泉今右衛門(1897年-1975年、本名今泉平兵衛)
11代の子として生まれる。襲名年不明。祖父と父のもとで家業に打ち込み、近代色鍋島の復興に励む。また、現代的デザインを取り入れた作品を制作。1952年には無形文化財の指定を受け、1971年には12代の時に設立された色鍋島技術保存会が国の重要無形文化財「色鍋島」の保持者として認定を受ける。その他にも紫綬褒章や勲四等旭日小綬章を受章。また、今右衛門古陶磁参考館を設立した。
1975年に死去。それにより重要無形文化財「色鍋島」の指定が解除された。


13代今泉今右衛門(1926年-2001年、本名今泉善詔)
佐賀県で12代の長男として生まれる。若い頃から創作的な色鍋島の制作に取り組み、現代の角度からの色鍋島を作ろうとしていた。東京美術学校工芸科を卒業し、卒業後は日展や佐賀県展、日本伝統工芸展等で多数の賞を受賞する。
その後1975年に12代没後に13代今泉今右衛門を襲名。改めて「色鍋島今右衛門技術保存会」を結成し、重要無形文化財の総合指定を受けた。
また、個人でも活躍をみせ、重要無形文化財保持者に認定されている。酸化ウランを呈色剤とする「薄墨」という技法を開発した。


14代今泉今右衛門(1962年-2011年、本名今泉雅登)
佐賀県に13代の次男として生まれる。1985年に武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科(金工専攻)を卒業。卒業後は、インテリア販売会社に就職。
その後1988年に、京都の陶芸家である鈴木治に師事。1990年に有田に戻り、13代今泉今右衛門に師事。色鍋島の技術の研鑽に打ち込む。
佐賀県美術展知事賞、一水会陶芸部展一水会賞、西部工芸展鹿児島放送局賞など多数の賞を受賞する。また、日本伝統工芸展で工芸会会長賞を受賞し、日本工芸会正会員となる。
2002年、13代没後に14代今泉今右衛門を襲名。色鍋島今右衛門技術保存会会長や財団法人今右衛門古陶磁美術館理事長、日本工芸会理事に就任し活躍を見せる。
その後も日本伝統工芸展で東京都知事賞、MOA岡田茂吉賞優秀賞を受賞。また、2009年に紫綬褒章を受章。2014年には重要無形文化財「色絵磁器」の保持者に認定される。
色鍋島の伝統をベースとし、江戸時代から伝わる白抜き文様をだす染付技法「墨はじき」を発展させ、独自の作風を確立した。

今泉今右衛門の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では今泉今右衛門の作品を高価買取しております。
もし今泉今右衛門の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop