買取作家

河井寛次郎

かわい かんじろう

河井寛次郎

河井 寛次郎(かわい かんじろう 1890年(明治23年)8月24日~1966年(昭和41年)11月18日)は島根県出身の陶芸家。

河井寛次郎は大工の家に生まれる。現島根県立松江北高等学校を卒業し、1910年、現在の東京工業大学窯業科に入学する。
河井寛次郎には師と仰ぐ者の存在はいない。師弟関係を重んじる陶工界において、学校教育だけの指導を受けた新しい世代の陶工と言える。

1920年、五代清水六兵衛の技術的顧問を務めていた縁で京都・五条坂にあった彼の窯を譲り受け、「鐘渓窯」と名づけ自らの作品制作を開始。

1926年、濱田庄司らとともに新しい日用品を制作し普及しようとした「民藝運動」に深く関わるようになる。
寛次郎は各地を訪れ、手仕事の制作現場や、日本や朝鮮やイギリスの器から受けた影響をもとに、実用的で簡素な造形に釉薬の技術を生かし、美しい発色の器を次々と生み出して再び注目を浴びた。この時期以降、寛次郎は作家としての銘を作品に入れないようになる。

1955年文化勲章を辞退。人間国宝、芸術院会員などへの推挙もあったが、同様に辞退。
1957年には川勝堅一の計らいで「白地草花絵扁壷」が、ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリを受賞するも、これも辞退し結局最後まで独自の創作活動にこだわる。
これだけ有名な陶芸家でありながら無位無冠の陶工とも言われる。

1966年に76歳で没した。

河井寛次郎の代表的な作品

  • 「六十年前の今」
  • 「炉辺歓話」
  • 「いのちの窓」
  • 「手で考え足で思う」
  • 「火の誓い」

河井寛次郎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では河井寛次郎の作品を高価買取しております。
もし河井寛次郎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop