買取作家

清水六兵衛

きよみず ろくべえ

清水 六兵衛(きよみず ろくべえ)は、江戸時代中期以来の清水焼陶工の名跡。 代々清水六兵衛と称する。

1世六兵衛愚斎は、摂津の出身。幼名栗太郎。

寛延年間京都に出て陶技を学び、明和5 (68) 年五条坂に窯を開き、清水六兵衛と称した。茶器、置物、文房具などを作り、千宗玄はじめ諸名家から各種の印を与えられた。

また天竜寺桂州和尚より六角形の「清」字印を受け、代々この印を用いる。2世静斎以下今日まで中国、日本の諸陶の写しのほか、染付、赤絵、青磁など広範囲の焼物を制作している。

ことに6世清水六兵衛 (1901~80) は伝統のうえに立って創作陶芸に新風を吹込み、新しい焼成法「玄窯」や新釉「銹よう (しゅうよう) 」などを開発し芸術性を高めた。

1962年日本芸術院会員、76年文化功労者。

80年4月「六兵衛名陶展」の初日に東京の会場で急逝した。翌81年6月、女婿の九兵衛が7代目を襲名。

清水六兵衛の代表的な作品

  • 「古稀彩飾皿・秋叢」

清水六兵衛の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では清水六兵衛の作品を高価買取しております。
もし清水六兵衛の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop