買取作家

加藤唐九郎

かとう とうくろう

加藤唐九郎(かとう とうくろう 1897年(明治30年)‐1985年(昭和60年)12月24日)は日本の陶芸家。愛知県出身。

桃山時代の陶芸の研究と再現に努め、一時は国の重要部系文化財(人間国宝)となったが、1959年に国の重要文化財に指定された鎌倉時代の古瀬戸の傑作とされる「永仁の壷」(実際は加藤が制作したとされている)をねつ造したいわゆる「永仁の壷事件」により、人間国宝の資格を失った。事件後は作陶に専念。だが、この事件により、国宝級の作品が作り出されると評価された。
建築物と陶磁器の組み合わせた「陶壁」を完成させる。

加藤唐九郎の代表的な作品

  • 志野茶碗「氷柱」
  • 鼠志野茶碗「鬼ケ島」
  • 志野茶碗「紫匂」
  • 黄瀬戸「輪花鉢」

加藤唐九郎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では加藤唐九郎の作品を高価買取しております。
もし加藤唐九郎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop