買取作家

倉田白羊

くらた はくよう

倉田白羊 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 倉田白羊 の作品を高く評価し買取しております。
もし 倉田白羊 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

倉田 白羊(くらた はくよう、1881(明治14)年12月25日 - 1938(昭和13)年11月29日)は明治から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。本名、重吉


埼玉県浦和町(現在のさいたま市浦和区)に関学者の倉田努の次男として生まれる。1894年に洋画家である浅井忠の門下生として絵を学ぶ。同じく浅井忠に師事し画家を志していた兄の倉田弟次郎が23歳の若さでこの世を去り、遺志を継ぐため、倉田白羊も画家を志す。1896年に師の浅井忠が東京美術学校の教師として迎えられた為、倉田も追うようにして1898年に同校に入学。在学中は黒田清輝にも指導を受け、1901年に首席で卒業した。


卒業後は群馬県沼田中学校の教師を務めるが、画家になることを抑えきれず退職。1902年に太平洋画会に参加。作品の発表を行う一方で時事新報社に勤務。1907年の第1回文部省美術展覧会では「つゆはれ」を出品し入選を果たし、この頃から画家としての活動が活発になる。翌年、美術文芸雑誌「方寸」や、「パンの会」にも参加。


その後も商品の制作・出品を重ね、文展に入選を繰り返す。また、夏目漱石に評価されることで更に注目を浴び、1915年に日比谷美術館で個展を開催した。1916年には天狗倶楽部の旅行で朝鮮・満州に出かけ、大自然に魅了される。以降、作品には人間の姿を描かなくなり、自然をモデルとした作品を手掛ける。


画家としての活動を続け、1922年の春陽会の創立にも参加。同年、山本鼎に日本農民美術研究所の副所長として招かれ、長野県に移住。絵画指導などを務めた。また児童自由画教育運動にも参加し活躍を見せたが、1934年に持病の糖尿病が悪化。右目を失明しながらも絵を描き続けるが1938年に完全に失明。同年11月29日に死去した。



年表
1881(明治14)年 埼玉県に生まれる
1894(明治27)年 浅井忠の門下生となる
1898(明治31)年 東京美術学校 入学
1901(明治34)年 同校を首席で卒業
1902(明治35)年 太平洋画会 三か
          白羊の号を用いる
1907(明治40)年 第1回文部省美術展覧会 入選
1908(明治41)年 美術文芸雑誌「方寸」 参加
              パンの会 参加
1915(大正4)年 日比谷美術館 個展開催
              天狗倶楽部 入会
1916(大正5)年 朝鮮・満州に旅行に出かける
1922(大正11)年 日本農民美術研究所 副所長就任
1934(昭和9)年 持病が悪化
1938(昭和13)年 完全に失明
          死去

倉田白羊 の代表的な作品

  • 「小倉山の微雨」
  • 「たき火」
  • 「冬野」

倉田白羊 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 倉田白羊 の作品を高く評価し買取しております。
もし 倉田白羊 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop