買取作家

織田広喜

おだ ひろき

織田 広喜(廣喜/おだ ひろき、1914(大正3)年4月19日-2012(平成24)年5月30日)は、昭和から平成時代に活躍した日本の洋画家である。


福岡県嘉穂郡千手村(現在の嘉麻市)に生まれる。1929年に碓井尋常高等小学校高等科を卒業。卒業後は家計を助けるために陶器の絵付けや菓子店、郵便局で働く。また、幼い頃から絵に興味を持っており、1931年から帝展作家の犬丸琴堂に師事し油彩画を学ぶ。同年、ゴッホの影響を示す作品の「ひまわり」を福岡県美術展に出品。入選を果たす。


1932年に画家を志し上京。1934年に日本美術学校西洋画科に入学。大久保作次郎や藤田嗣治、林武らから指導を受け、1939年に同校を卒業。翌年の第27回二科展で「未完成(室内)」を出品し初入選する。その後は電機会社などで働き、画業を続ける。活動の場は二科展を中心とし、多数の賞を受賞。1949年に二科会準会員となり、翌年同会会員に推される。また、1952年の第1回日本国際美術展にも作品を出品。その後も同展への出品を続ける。


1960年にフランスへ渡ると、これまでのフランスの現実と想像の差を認識し、更に画技に磨きがかかる。翌年帰国。1962年にも渡欧し、フランス、スペイン、イタリアを訪れた。帰国後は第1回国際形象展に招待出品をし、以後同展への出品を続ける。1972年には国際形象展同人となり活躍する。また、二科展への出品も引き続き行い、内閣総理大臣賞や青児賞、日本芸術院賞などの賞を受賞。数々の大作を発表し、1995年に日本芸術院会員となる。その後も二科展で活動を行い、2006年二科会理事長、2012年に名誉理事長に就任した。


日本国内だけでなフランスでの活躍も見られ、1971年にパリのエルヴェ画廊で個展を開催。2003年にはフランス政府より芸術文化勲章を受章した。
織田は、「想像し嘘をつく」ことが絵の制作には必要であると語り、幻想的な作品を描いた。



年表
1914(大正3)年 福岡県で生まれる
1929(昭和4)年 碓井尋常高等小学校高等科 卒業
1931(昭和6)年 犬丸琴堂に師事
          福岡県美術展に「ひまわり」を出品 入選
1932(昭和7)年 上京
1934(昭和9)年 日本美術学校西洋学科 入学
1939(昭和14)年 日本美術学校西洋学科 卒業
1940(昭和15)年 第27回二科展に「未完成(室内)」を出品 初入選
1946(昭和21)年 第31回二科展に「黒装」を出品 二科賞受賞
1949(昭和24)年 第34回二科展 入選
          二科会準会員
1950(昭和25)年 二科会会員
1960(昭和35)年 渡仏
1961(昭和36)年 帰国
1962(昭和37)年 第1回国際形象展 招待出品     
1968(昭和43)年 第53回二科展に「小川の女たち」「サンドニーの少女」を出品 総理大臣賞受賞
1971(昭和46)年 第56回二科展に「水浴」を出品 東郷青児賞受賞
          パリで初個展を開催
1980(昭和55)年 二科会常務理事
1992(平成4)年 勲四等瑞宝章受章
1995(平成7)年 第51回日本芸術院賞・恩賜賞 受賞
          日本芸術院会員
1997(平成9)年 碓井町名誉町民の称号を受ける
1998(平成10)年 赤い帽子・小田広喜ミュージアム開館
2003(平成15)年 勲三等瑞宝章
          フランス芸術文化勲章 受章
2006(平成18)年 二科会理事長
2012(平成24)年 二科会名誉理事長
          心不全のため死去

織田広喜の代表的な作品

  • 「少女」
  • 「讃歌」
  • 「サンドニにて」

織田広喜の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では織田広喜の作品を高価買取しております。
もし織田広喜の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop