買取作家

彼末宏

かのすえ ひろし

彼末 宏(かのすえ ひろし、1927(昭和2)年8月31日-1991(平成3)年10月27日)は、昭和から平成時代に活躍した日本の洋画家である。


東京都に生まれるが、小学校の頃に父の仕事で北海道小樽へ引っ越す。その後1945年に北海道立小樽中学校を卒業。この頃から美術に興味を抱くが、中学卒業後は陸軍士官学校に進む。その後、画家を志し1946年、東京美術学校油絵科に入学。在学中は梅原龍三郎に師事。その後、久保守に師事する。1952年に同校を主席で卒業。


卒業後は1954年に東京美術学校油画科の助手となる。また作品の制作を続け、1956年に第30回国画会展に「森」を初出品。翌年に「CIRQUE」を出品し国画会賞を受賞する。1958年には国画会会友となり活躍した。同年、西欧学芸研究所より奨学金を受けヨーロッパへ渡る。滞在中は特に影響を受けたと言われる画家はいないが、アンフォルメルや暗い色調が作風に影響を与えたのではないかと彼末自身が語っている。


その後帰国。1960年、第34回国画会展に「城跡」を出品。国画会会友賞を受け、同会会員に推される。その後も制作活動を続け、国際具象派美術展等にも出品を行う。


また、1969年に東京芸術大学助教授、1980年に東京芸術大学教授となり、後進の指導に励む。その後1988年に退官し名誉教授となった。指導を務める間も自身の個展の開催を行い、活動を続けた。


画家として活動する一方で教授としても活躍を見せた彼末宏は1991年に呼吸不全のため死去した。
初期は具象画を描いていたが、戦後になると色彩のハーモニーに重点を置いて画面を構成する抽象画的な作品を制作した。



年表
1927(昭和2)年 東京都で生まれる
1945(昭和20)年 北海道立小樽中学校卒業
          陸軍士官学校 入校
1946(昭和21)年 東京美術学校油画科入学
          梅原龍三郎教室に入る
1952(昭和27)年 東京美術学校 首席で卒業
1954(昭和29)年 東京芸術大学油画科助手 
          国画展 新人賞受賞
1957(昭和32)年 国画展 国画賞受賞
1958(昭和33)年 渡欧
1960(昭和35)年 国画展 国画会会友作賞受賞
          国画会会員
1963(昭和38)年 個展 開催
1964(昭和39)年 渡欧
1965(昭和40)年 具象絵画の新たなる展開展 出品
          第9回安井賞候補新人展 出品
1968(昭和43)年 東京芸術大学油画科 講師
1969(昭和44)年 東京芸術大学油画科 助教授
1972(昭和47)年 国画会を退会
1980(昭和55)年 東京芸術大学油画科教授
1988(昭和63)年 東京芸術大学を退官
1991(平成3)年 退官記念彼末宏展 開催
          死去

彼末宏の代表的な作品

  • 「城跡」
  • 「レモンの花の絵」
  • 「静物」

彼末宏の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では彼末宏の作品を高価買取しております。
もし彼末宏の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop