買取作家

中村研一

なかむら けんいち

中村研一 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 中村研一 の作品を高く評価し買取しております。
もし 中村研一 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

中村 研一(なかむら けんいち、1895(明治28)年5月14日-1967(昭和42)年8月28日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。
福岡県宗像郡に中村啓二郎の長男として生まれる。弟に洋画家の中村琢二がいる。1909年に福岡県立中学修猷館入学。在学中に児島善三郎や弟の中村琢二らとともに絵画同好会「パレット会」を創立。西洋絵画を勉強する。青山熊治が福岡に滞在中であったため指導を受けた。1914年同校を卒業。


卒業後は画家を志すが、父から許されず、第三高等学校の受験準備の名目で京都に出る。そこで鹿子木孟郎の内弟子となる。1915年に画家を諦めきれず、反対する父を師である鹿子木孟郎に説得してもらい上京。上京してすぐ本郷絵画研究所に入所。同年、東京美術学校西洋画科へ入学。在学中は岡田三郎助に師事し、1919年の第8回光風会展で初入選を果たす。1920年に同校を卒業。


卒業後の第2回帝展に「葡萄の葉蔭」を出品、初入選する。東京大正博覧会では3等賞を受賞。翌年1921年の第3回帝展では「涼しきひま」を出品し、特選を受賞する。翌年、帝展無鑑査となる。


その後1923年に渡仏。モーリス・アスランに影響を受け、1927年にはサロン・ドートンヌ会員となる。翌年に帰国。帰国後も第9回・10回・11回帝展に出品し、連続受賞。1931年には帝展審査委員を務めた。その後も官展審査員を歴任。また、1937年にはジョージ6世戴冠記念観艦式に参加する軍艦足柄で渡英している。


戦時中は軍の委嘱を受け作戦記録画を制作する。戦争画は確認できるもので17点あり、この間も多数の賞を受賞する。その後1945年の東京大空襲により住居とアトリエを焼失。


戦後は小金井市に転居。日展や光風会展を中心に作品の出品を行う。1950年には日本芸術院会員に推挙され、1958年に日展常務理事となり活躍した。戦後は妻をモデルとした裸婦像と婦人像を多数手掛けた。1967年8月28日に胃がんのため、死去した。




年表
1895(明治28)年 福岡県で生まれる
1909(明治42)年 福岡県立中学修猷館 入学
1914(大正3)年 福岡県立中学修猷館 卒業
1915(大正4)年 上京
         本郷絵画研究所 入所
         東京美術学校西洋画科へ入学
1919(大正8)年 第8回光風会展に「お茶の水風景」を出品 初入選
1920(大正9)年 東京美術学校西洋画科 卒業
         第2回帝展に「葡萄の葉蔭」を出品 初入選
         東京大正博覧会に「若き画家」を出品 3等賞受賞
1921(大正10)年 第3回帝展に「涼しきひま」を出品 特選受賞
1922(大正12)年 帝展無鑑査
1923(大正13)年 フランスへ留学
1927(昭和2)年 サロン・ドートンヌ会員
1928(昭和3)年 帰国
         第9回帝展に「」を出品 特選受賞
1929(昭和4)年 第10回帝展に「若き日」を出品 特選受賞
1930(昭和5)年 第11回帝展に「弟妹集う」を出品 帝国美術院賞受賞
1931(昭和6)年 帝展審査員
1942(昭和17)年 「コタバル(上陸作戦)」 朝日文化賞受賞
1950(昭和25)年 日本芸術院会員
1958(昭和33)年 日展常務理事
1967(昭和42)年 死去

中村研一 の代表的な作品

  • 「弟妹集う」
  • 「コタ・バル」
  • 「裸体」

中村研一 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 中村研一 の作品を高く評価し買取しております。
もし 中村研一 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop