買取作家

中川紀元

なかがわ きげん

中川 紀元(なかがわ きげん、1892(明治25)年2月11日-1972(昭和47)年2月9日)は、明治から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。
長野県上伊那郡朝日村(現在の辰野町樋口)に漢学塾を開いていた有賀家の次男として生まれる。本名、有賀紀元次。結婚後中川を名乗る。


長野県立諏訪中学校を卒業。東京美術学校彫刻科に入学するが、病のため中退。帰郷し、小学校の教師となる。再び画家を志し上京。上京後は太平洋画会研究所や本郷洋画研究所へ通い、洋画に転向。藤島武二にデッサンの指導を受ける。二科会の重鎮であった石井柏亭や正宗得三郎にも師事し、1915年の第2回二科展に初入選する。


洋画をさらに学ぶため1919年に渡仏。アンリ・マティスに師事。翌年、第7回二科展に「ロダンの家」等を出品。樗牛賞を受賞する。1921年に帰国。帰国後も第8回二科展で7点の作品を出品し、二科賞を受賞。


その後は一度洋画を離れ、日本画を制作し、再び洋画に復帰する。また、1930年に中村岳陵らとともに六潮会を結成。二科会解散後は熊谷守一らとともに二紀会を結成し、同会を中心に活動を行うようになる。作品の制作を行う一方で、文化学院美術講師や帝国美術学校教授として、後進の指導に務めた。1964年には美術界への貢献によって日本芸術院恩賜賞を受賞した。


洋画家として活躍をみせた中川紀元は、1972年2月9日に心筋こうそくのため死去した。



年表
1892(明治25)年 長野県で生まれる
1915(大正4)年 第2回二科展で初入選
1919(大正8)年 渡仏
         アンリ・マティスに師事
1920(大正9)年 第7回二科展で樗牛賞受賞
1921(大正10)年 帰国
         第8回二科展で二科賞受賞
1922(大正11)年 前衛的なグループ・アクションを結成
1930(昭和5)年 六潮会を結成
1933(昭和8)年 二科会を辞める
1935(昭和10)年 二科会に復帰
1937(昭和12)年 海軍従軍画家として上海・南京戦に参加
1947(昭和22)年 二紀会を結成
1964(昭和39)年 第20回日本芸術院恩賜賞を受賞
1969(昭和44)年 辰野町初の名誉市民
1972(昭和47)年 死去

中川紀元の代表的な作品

  • 「立てる女」
  • 「栗色の帽子」
  • 「街」

中川紀元の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では中川紀元の作品を高価買取しております。
もし中川紀元の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop