買取作家

棟方志功

むなかた しこう

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 - 1975年(昭和50年)9月13日)は、日本人の板画家である。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。
川上澄生の版画「初夏の風」を見た感激から、版画家になることを決意した。1942年(昭和17年)以降は、版画を「板画」と称して、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。
棟方の肉筆画作品は「倭画」と呼ばれ、国内だけでなく、国外でも板画と同様に評価を受けている。大変な近視であるため眼鏡が板に付く程の距離まで顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫ったと言われている。第二次世界大戦中に富山県に疎開し、浄土真宗にふれた。「阿弥陀如来像」、「必至無上道」、「蓮如上人の柵」、「我建超世願」、「御二河白道之柵」など、仏を題材とした作品が特に有名である。棟方は、「いままでの自分が持っている一ツの自力の世界、自分というものは自分の力で仕事をするとうようなことからいや、自分というものは小さいことだ。自分というものは、なんという無力なものか。何でもないほどの小さいものだという在り方自分から物が生まれたほど小さいものはない。そういうようなことをこの真宗の教義から教わったような気がします」と語っている。また非常にねぶた好きであったため、作品の題材としても描いた。中には歓喜する自身の姿を描き込んだものも存在する。また、生前ねぶた祭りに跳人として参加している映像や写真も現存する。
棟方は、少年時代にゴッホの絵画に出会い感動し、芸術家を目指した。また、青森市内の善知鳥神社でのスケッチを好んだ。
1924年(大正13年)に東京へ上京すると、帝展や白日会展などに油絵を出品した。しかし落選が続いた。1928年(昭和3年)に第9回帝展に「雑園」(油絵)を出品し、入選した。1930年(昭和5年)からは文化学院で美術教師を務めた。1932年(昭和7年)に日本版画協会会員となった。
1934年(昭和9年)に佐藤一英の詩「大和し美し」を読み感動し、制作のきっかけとなった。1936年(昭和11年)の国画展に出品した「大和し美し」が出世作となり、これを機に河井寛次郎、柳宗悦ら民芸運動の人々と交流する様になり、以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼすこととなった。
1975年(昭和50年)9月13日に東京にて肝臓癌のため死亡した。同日付で贈従三位。また、青森市の三内霊園にゴッホの墓を模して作られた「静眠碑」と名付けられた墓がある。

棟方志功の代表的な作品

  • 「二菩薩釈迦十大弟子」
  • 「御鷹揚げの妃々達々」
  • 「大和し美し」
  • 「東海道棟方板画」

棟方志功の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では棟方志功の作品を高価買取しております。
もし棟方志功の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop