絵画

棟方志功「雷紋の柵」

棟方志功「雷紋の柵」

「雷紋の柵」は棟方が戦後、最初に作成し代表作となった「鐘溪頌板画巻(しょうけいしょうはんがかん、全24柵)」の中の作品です。
「鐘溪」は京都にあった河井寛次郎の窯の名前で「わたくしを育ててくださった河井寛次郎先生に対する感謝の念をあらわした」と語っています。
「鐘溪頌板画巻」はどの作品も四角い画面いっぱいに窮屈にも見える様々なポーズで全身を収めているのが特徴です。
また「初めて真っ黒い身体の中に刀をあてて、人間の身体を出す方法」をつかんだといい、真っ黒の身体と顔や手足の白い表現も特徴となっています。

絵画の買取実績一覧に戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop