お知らせ

香合の買取について

2018/03/09 茶道具

古美術永澤では香合の買取を行っています。
香合は蓋つきのお香を入れる小さな入れ物のことで、茶道で使われる茶道具です。
合子(ごうす、ごうし)とも呼ばれ、さまざまな形や素材で作られ、茶道具の中でも収集家が多いアイテムで現在でも人気があります。

香合は季節によって使用する香合の素材が変わります。

【冬季】
炉(11月~4月)
【夏季】
風炉(5月~10月)
【通年】
炉・風炉兼用
陶磁器の香合
粉末の香木を蜂蜜などと練って固形にした「練香」を用います
漆器や木・竹製の香合
白檀や伽羅・沈香など香木を小さく割って入れておきます
蛤など貝類や金属製の香合
陶製香合 木製香合,蒔絵香合 貝香合,金属製香合
型物香合番付表

香合は、動植物や人物、生活用品や家などさまざまな形があり、その人気から江戸時代には、「型物香合番付表」(安政2年1855年)まで作られました。
染付85種、交趾64種、青磁29種、祥瑞19種、呉須16種、宋胡禄2種の計215種の唐物の香合が選出され、さらに、行司に塗物香合3種、頭取に和物の焼物7種が選ばれ、勧進元に呉須台牛と紅毛2種の計3種、差添に南蛮・寧波染付の2種の、総計230種の香合が記されています。
(横綱は無く、東の大関は交趾の大亀、西の大関は染付の辻堂が選出されています。)

古美術永澤では香合の買取に力を入れています。
もし、お手持ちの香合の買取をお考えでございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

香合ギャラリー

一覧へ戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop