買取作家

赤堀信平

あかほり しんぺい

赤堀信平 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 赤堀信平 の作品を高く評価し買取しております。
もし 赤堀信平 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

赤堀 信平(あかほり しんぺい、1899年~1992年 亨年93歳)は日本の彫刻家。3月15日に福島県いわき市に生まれる。


東京美術学校彫塑別科に入学し、朝倉文夫に師事。
在学中の1921年、第3回帝展に「御灯」で初入選し、以後同展に出品を続ける。第6回帝展から第7回、第8回と入選し、3年連続で特選を受賞する。その後1925年に新文展の審査員も務めた。


帝展の他にも聖徳太子奉讃美術展などへの出品も行っている。また、東京・上野公園内の五条天神社の狛犬などの制作も手掛ける。

1928年日本彫塑家クラブの創立に参画し、1954年には日本美術家連盟会員となる。


木彫や塑像ともに制作し、肖像彫刻に優れていた。衆議院内の「尾崎咢堂胸像」や「広池千九郎像」などや、木彫、ブロンズを制作した。また、肖像彫刻にもすぐれた。


広く活躍を見せた赤堀信平だが、1992年12月21日に福岡県春日市の福岡徳洲会病院で急性心不全のため死去した。


年表
1899年 福島県いわき市に生まれる
1921年 第3回帝展で初入選
1925年 新文展の審査員
1928年 日本彫塑家クラブの創立に参画
1954年 日本美術家連盟会員
1992年 死去

赤堀信平 の代表的な作品

  • 「尾崎咢堂胸像」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop