買取作家

藤野天光

ふじの てんこう

藤野天光 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 藤野天光 の作品を高く評価し買取しております。
もし 藤野天光 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

藤野 天光(ふじの てんこう、男性、1903年9月27日 - 1974年12月30日 )は日本の彫刻家。本名は藤野隆秋。別号は舜正。

群馬県出身。音楽家の村上正治とともに千葉県市川市の地域文化発展に貢献。日展審査員を6回、さらに理事をつとめる。

千葉県市川市の地域文化発展に貢献。日展審査員を6回、さらに理事をつとめた。

1903年(明治36年)9月27日、藤野隆秋として群馬県館林市に生まれる。

1928年(昭和3年)、東京美術学校(現東京芸術大学)彫塑部卒業、在学中は北村西望に師事。

1929年(昭和4年)、第10回帝展に「ときのながれ」で初入選(以後連続入選、特選3回)。「ときのながれ」は後にアメリカ合衆国のニューヨークで開催された万国博覧会(1939年(昭和14年))に出品され注目を集めた。また、この年より戦後まで継続して作品の発表を続けた。

1938年(昭和13年)、第2回新文展で「銃後工場の護り」が特選受賞。

1941年(昭和16年)、小室翠雲らと群馬美術協会を発足させる。

1945年(昭和20年)、市川市美術会結成。

1947年(昭和22年)、日本彫刻家連盟設立に参加。

1948年(昭和23年)、千葉県美術会結成、常任理事となった。

1949年(昭和24年)、日展審査員として第5回日展に出品した「古橋選手」(水泳選手古橋廣之進モチーフ)が話題作となる。

1958年(昭和33年)、社団法人日展が創立され、日展評議員に就任した。

1960年(昭和35年)、県立美術館設置準備専門委員に就任、1964年(昭和39年)までつとめる。また同年文部省(現文部科学省)文化財保護委員会文化財功労賞を受賞。

1961年(昭和36年)、この頃より千葉県内の仏像修理を始める。

1974年(昭和49年)までに県内仏閣設置の毘沙門天像、両脇侍、薬師坐像、仁王像などを修理した。

1966年(昭和41年)、昭和40年第8回新日展出品作「光は大空より」が日本芸術院賞を受賞。

1966年(昭和41年)、千葉県美術会理事長に就任。同年東京家政大学理事兼教授となる。

1968年(昭和43年)、号を舜正から天光に改める。同年声帯摘出手術、群馬県美術会副会長就任。

1969年(昭和44年)、日展理事に就任。同年、千葉県市川市教育功労者として市川市長感謝状を受ける。

1970年(昭和45年)、社団法人日本彫塑会創立に尽力し、同会常任理事となる。

1973年(昭和48年)、千葉県開催となった第28回若潮国民体育大会(国体)モニュメントとして8メートル男性像「輝く太陽」および記念メダルを制作した。

1974年(昭和49年)、千葉県立美術館協議会委員を委嘱され議長を務める。同年12月30日、急性心不全により千葉県市川市のアトリエで死去、享年72歳。

1975年(昭和50年)、従五位勲三等瑞宝章受章。

2003年(平成15年)、遺族により346作品が郷里である館林市に寄贈された。

戦後は文化運動者としても活動した。また師北村西望作の長崎平和祈念像の制作筆頭助手をつとめた。

晩年は千葉県立美術館の建設促進に献身した。

藤野天光 の代表的な作品

  • 「夢」
  • 「鉄工」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop