買取作家

三井安蘇夫

みつい あそお

三井安蘇夫 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 三井安蘇夫 の作品を高く評価し買取しております。
もし 三井安蘇夫 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

三井 安蘇夫(みつい あそお、1910年(明治43年)-1999年(平成11年))は、現代美術界の巨匠である。出身は安蘇郡佐野町(現在の栃木県佐野市)。1933年に東京美術学校(現在の東京芸術大学)金工科鍛金部を卒業。佐野中学から、東京美術学校金工科鍛金部を卒業するまでは佐野で過ごした。また、後年人間国宝となる田村耕一氏は後輩であり、この間共に少年期の日々を送った。1枚の金属板を金槌で打ち出し絞る鍛金の技術を用いて立体化し、大きな作品を作り上げるために自ら研究開発した接合の技法を用いて数々の鳥をモチーフにした作品を制作した。
1934年に第15回帝展に初入選した。それ以降1990年で80歳を迎える時まで新文展や現代工芸展、日展等に出品をし続け、連続入選を果たした。この間に1953年、「鵜」により鍛金の最高賞である北斗賞を受賞。1955年には「すそじろはげたか」で日展特選と北斗賞を受賞したほか、数々の賞を受賞した。1998年に完成させた「おしどり像」は、市民の想いの場である佐野駅前広場の中心に設置されている。
1958年に日展会員となり、1963年には東京芸術大学教授に就任した。1968年に日展評議員、参与等を歴任した。1971年、日本金工作家協会委員長。1978年に東京芸術大学を定年退官し、同名誉教授となった。三井は一生涯、教育と研究を通して鍛金技術の近代化を実践し、現代金属工芸界に大いなる功績を遺した。また、地元佐野高校創立70周年の会報に寄せて、「鳥が好きで種々の鳥を飼い、鳥の生活を見ているうちに、そこに社会があり、愛があり、善があり、信があるのに気づきました。一見単純な形の内に生まれる変化の美しさ、感情表現。それに魅せられて鳥を生涯の仕事としたい」と語った。三井は1999年に死亡した。当時88歳であった。

三井安蘇夫 の代表的な作品

  • 「縦矧線文花挿」
  • 「鵜」
  • 「渉禽」
  • 「草花文壺」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら