買取作家

信田洋

のぶた よう

信田洋 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 信田洋 の作品を高く評価し買取しております。
もし 信田洋 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

信田洋(のぶた よう、1902-1990年)は、昭和時代に活躍した彫金家である。


1902年4月28日東京日本橋に生まれる。本名は六平。1917年東京府立工芸学校に入学して彫金家の北原千鹿に師事する。1921年に同校を卒業。その後東京美術学校彫金科に入学し、1928年に卒業する。


また、1927年に金工芸団体工人社の結成に参加。1930年の第11回帝展に「彫金透彫筥」で初入選し、1934年第15回帝展では「蒸発用湯沸瓶」で特選となる。その後も出品を続け、1951年「芙蓉置物」で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1958年新日展会員、1960年から日展評議員、参与をつとめた。
1990年10月25日肺炎のため千葉県佐倉市の佐倉厚生園で死去した。


花瓶、筥、置物等、古典的な器物を多く制作。安定感と風格をそなえた作風が特徴である。花鳥等伝統的な題材の文様に現代感覚を生かし、近代金工界にあって先導的役割を果たした。



年表
1902年 東京に生まれる
1917年 東京府立工芸学校に入学
    北原千鹿に師事
1921年 東京府立工芸学校を卒業
1927年 金工芸団体工人社の結成に参加
1928年 東京美術学校彫金科を卒業
1930年 第11回帝展で初入選
1934年 第15回帝展で特選
1951年 芸術選奨文部大臣賞を受賞
1958年 新日展会員
1960年 日展評議員、参与
1990年 死去

信田洋 の代表的な作品

  • 「真鍮透彫箱」
  • 「芙蓉置物」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら