買取作家

山脇洋二

やまわき ようじ

山脇洋二 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 山脇洋二 の作品を高く評価し買取しております。
もし 山脇洋二 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

山脇洋二(やまわき ようじ、1907-1982年)は、昭和時代に活躍した日本の彫金家である。1907年12月2日に大阪市北区に生まれる。
1930年東京美術学校金工科彫金部を卒業。卒業後の1931年には第12回帝展に「照明器」が初入選する。また、1936年新文展招待展に「鍛金野牛置物」で、1938年第2回新文展に「銀竜文亀置物」でそれぞれ特選をうける。この間の1933年か1939年まで帝室博物館に在籍。古美術品模造に従事し金工作品の研究複製を行っていた。その後の1939年には東京美術学校嘱託、1943年東京美術学校助教授、1956年東京芸術大学教授となり、後進の指導にあたる。
戦後は日展に出品。1946年第2回日展に出品した「舞御堂小箱」で特選を受ける。翌年の1947年には最初の日展審査員をつとめる。1961年の第4回新日展では「金彩游砂額」を出品し、翌年に同作品で第18回日本芸術院賞を受賞する。また、1958年に日展評議員、1971年日展理事に就任し活躍する。
日展以外にも日本現代工芸美術展や、URジュウリー展などに出品。また、1964年日本ジューリーデザイナー協会発足に参加。1971年には日本創作七宝協会会長に推される。1975年に社団法人日本新工芸家連盟代表委員となる。
作品を出品する一方で、1949年に法隆寺五重塔秘宝の調査並びに複製を行う。また、1950年から1952年には正倉院御物金工品の調査研究を行い、1955年薬師寺本尊台座修理委員を務めるなど戦後も古美術品の補修、復刻などにあたる。
1975年に東京芸術大学を定年退官。同大学の名誉教授の称号を受ける。1979年勲三等旭日中綬章を受章。1981年からは山梨県立宝石美術専門学校初代校長をつとめた。
1982年12月11日食道ガンのため東京都大田区の自宅で死去した。
戦後の作品には「蜥蠋文硯箱」や「金彩奏でる額」などがある。没後の1984年には「山脇洋二 金工の世界」展が渋谷区立松涛美術館で開催された。

年表
1907年 大阪で生まれる
1930年 東京美術学校金工科彫金部を卒業
1931年 第12回帝展で初入選
1933年 帝室博物館に在籍(1939年まで)
1936年 新文展招待展で特選
1938年 第2回新文展で特選
1939年 東京美術学校嘱託
1943年 東京美術学校助教授
1946年 第2回日展で特選
1947年 日展審査員
1949年 法隆寺五重塔秘宝の調査、複製を行う
1950年 正倉院御物金工品の調査研究(1952年まで)
1955年 薬師寺本尊台座修理委員
1956年 東京芸術大学教授
1958年 日展評議員 
      日本美術刀剣保存協会参与
1962年 第18回日本芸術院賞を受賞
1965年 文化財保護審議委員会専門委員
1971年 日展理事
      日本創作七宝協会会長に推される
1975年 社団法人日本新工芸家連盟代表委員
      東京芸術大学退官
1979年 勲三等旭日中綬章を受章
1981年 山梨県立宝石美術専門学校初代校長
1982年 死去

山脇洋二 の代表的な作品

  • 「銀野牛」
  • 「舞御堂小箱」
  • 「蜥蝪文硯箱」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら